CDEXPRESS > FAQ

FAQ

お電話及びメールフォームでのお問合せの前にご確認ください。

メディアについて

Q:ディスクアットワンスとは?
A:1度にデータを纏めて書込む方法になります。追加で書込みができない状態のマスターCDになります。
Q:CD-DAとCD-ROMの違いは?
A:音楽CDはCD−DA、データCDはCD-ROMになります。 音楽とデータが、1枚に収録されているCDはCD-EXTRAになります。
Q:アルミ蒸着内径とは?
A:銀色の記録部分は、通常外径116mm~内径46mmまでになり46mm~23mmの部分は透明なプラスティックになります。   その為、ディスクの銀色を生かしたデザインにする時にアルミ蒸着加工を行います。 また下記レーベル印刷の場合には不向きです。 ・白ベタを敷かないオフセット印刷 ・印刷面を広く設けたシルク印刷
Q:DVD5とDVD9の違いは?
A:DVD5(片面1層 )はデータ記録容量が約4.7GBあります。 DVD9(片面2層 )はデータ記録容量が約8.5GBあります。
Q:DVD5とDVD9の選択基準について
A:DVD-VIDEOは、収録時間とビットレートで計算いたします。 規格上の総ビットレートは、映像と音声をあわせて約10.08Mbpsです。 最高画質(標準ビットレート7.7Mbps/最大ビットレート9.0Mbps)で収録すると、DVD-5は約60分収録できます。 DVD5で2時間収録するには、ビットレートを3.6Mbps程度まで落とさないと収録できません。 ビットレート3.6Mbpsと7.7Mbpsでは情報量に差があり画質も差がでます。 最高画質で2時間を収録するにはDVD-9を使用するしかありません。 市販されているほとんどのソフトは最高画質の7.0Mbps以上でエンコードされています。
Q:DVD9について
A:DVD-9はデータ構造が2層式になっているので、1層目から2層目に切替えるポイントがあります。 切替えポイントをスムーズに通過しないと、ビデオの再生途中で途切れたりフリーズしたりします。 切替えポイントの設定を正確に行わないと再生エラーとなることがありますのでオーサリング時に注意が必要です。

デザインデータについて

Q:データの制作はCMYKとRGBどちらで制作すればいいですか?
A:弊社制作物のデザインデータのカラーモードは必ずCMYKで作成願います。 RGBカラーモードで入稿された場合、弊社にてCMYKカラーに自動的に変換いたします RGBカラーのデータをCMYKカラーへ変換するため、PCのモニター上の色合いと印刷後の色合いに差が出てしまい、仕上がりがくすんでしまいます。これはRGBカラーとCMYKカラーとでは再現色域が異なるためで避けられないことです。ご理解をお願いいたします。
Q:CMYKとRGBの違いは?
A:RGBとは光の三原色とよばれ、色が混ざるほど明るくなり、白に近づきます。それを加法混色といいます。 R(Red)、G(Green)、B(Blue)の3色となり、テレビやパソコンのディスプレイはRGBで表現されています。 CMYK とは、主に印刷などに使われる発色方法です。シアン(Cyan)、マゼンダ(Magenta)、イエロー(Yellow)の色材の三原色を利用した混色方法で、 印刷ではこれに黒(K) を加えた4色が利用されています。色が混ざるほどに暗くなり、黒に近づいていきます。これを「減法混色」といいます。CMYKモードは、カラー印刷などに使われています。 PC上での色味が違く感じるのはこの為です。
Q:デザインデータに塗り足しは必要ですか?
A:全てのデザインデータに塗り足し3mmの設定をお願いします。 ご入稿いただいたデータに不備がある場合は再入稿のご案内をさせていただきます。 ※商品によって印刷ズレが起こる場合がございます。予めご了承ください。
Q:色番号とは何ですか?どこで見れますか?
A:Pantone/DICは海外工場と共通で認識されている、番号管理された色のことです。 弊社では特に色見本は設けておりませんがインターネットや市販の色見本帳などでご確認いただけます。
Q:Illustratorのパスデータって何ですか?
A:「パス」という点の座標とそれを結ぶ線などのデータによって構成された画像のことです。 パスで作られたデータは「拡大縮小してもグラフィックが荒れない」「変形処理が簡単」「綺麗な形が簡単に描ける」などの特徴があります。
Q:入稿後にデザインデータに修正があった場合は再入稿可能でしょうか?
A:量産指示前のデータ確認時であれば再入稿は可能です。但し、納期がズレ込みますので納期に影響が出る場合がございます。 量産指示後のデータ再入稿の場合は別途費用が発生します。
Q:オフセット印刷とシルク印刷は何が違いますか?
A:オフセット印刷はCMYK対応ですのでグラデーションや写真等の再現が可能です。 シルク印刷は単色が鮮明に反映されます。
Q:原産国の表記は無くても良いですか?
A:原産国の表記は義務付けられておりますので必ず盤面と表4部分の印刷物(帯かバックインレイの見える箇所)に記載をしてください。

料金、納期について

Q:特急料金で納期を縮める事はできますか?
A:商品によっては基本製作期間よりも早く仕上げる事は可能です。 商品、仕様がお決まりでしたら納期は都度お問い合わせください。 海外から輸入する際の通関、また配送に関しての遅延は弊社管轄外となりますので予めご了承ください。
Q:振込みのタイミングは?
A:ご発注手配時とさせていただいておりますので、データ入稿の際にご一緒にお振込をお願い致します。
Q:振込み明細書とはなんですか?
A:お振込時にATMより出てくる明細書でございます。 ネットバンクからのご送金いただく場合は、振込み完了画面のスクリーンショットをご用意お願い致します。
Q:支払いは代引きでも可能ですか?
A:お支払いにつきましては、前払いの銀行振込、またはクレジットカード・コンビニ決済のみのご対応となります。
Q:シルク印刷とオフセット印刷は料金が変わりますか?
A:海外プレスはシルク印刷3色までとオフセット印刷の料金は一律でございます。 国内プレスはシルク印刷とオフセット印刷の料金は異なります。 発注枚数よってに料金が異なりますので価格表をご確認ください。

その他(制作の流れなど)

Q:量産前の試作品確認はできますか?
A:ほとんどの商品は試作品の写真確認・現物確認が対応可能でございます。 ※別途料金が発生する商品もございます。お問い合わせください。 試作品確認後にデザイン変更などを行う場合、別途料金・納期が発生致します。 追加料金や納期につきましては状況によって異なりますので、都度ご案内をさせていただきます。
Q:オーダフォームは何ですか?どこにありますか?
A:ご注文内容の詳細、納品先情報等をご記入いただくものです。 HP内の「テンプレート」ページにアップロードされておりますので、ダウンロードの上ご記入をお願い致します。
Q:オーダーフォームの提出方法は?
A:FAXまたはスキャンデータにてご提出をお願い致します。
Q:色の指定はどのように行えばいいですか?
A:オーダフォーム内に色番号の指定欄がございますのでご記入をお願い致します。商品によってテンプレート内に色選択をいただくものもございます。
Q:配達時の時間指定は可能ですか?
A:海外プレスの場合は、お時間の指定はできません。
Q:マスター入稿の際はWAVファイルでも可能ですか?
A:入稿データの場合、WAVファイルで入稿すると工場側でCD-ROMと判断し量産に移りますのでお気をつけ下さい。 もしもWAVファイルをCD-AudioやDDPへ変換出来ない場合は弊社有料サービスの簡易マスタリングをお勧めします。
Q:印刷物を支給する事は可能でしょうか?
A:対応可能です。但し、別途投込み手間及び送料が発生します。
Q:レーベル内径 / アルミ蒸着(じょうちゃく)とは何ですか?
A:レーベル内径は盤面の内径のサイズ、アルミ蒸着はデザインデータの裏のアルミ部分です。 アルミ蒸着はレーベル内径の大きさに合わせると自然な仕上がりになります。
Q:マスターはどのように送れば良いですか?
A:オーディオCDにした状態で弊社まで郵送もしくはお持ち込みにてご入稿をお願い致します。 DDPファイルのみメールやデータ便などでご入稿いただく事が可能です。
Q:300枚以下でプレスをする事は可能ですか?
A:300枚以下の場合でも料金は300枚プレスをする場合と同じ金額になります。
Q:静電気 (ノイズ)対策
A:レコードをプレスする時には離形剤の油を使用しており、テスト盤及び新品プレスのレコードには見た目には綺麗でもこの油が付着している場合がございます。これが静電気の帯電根源となり、パチパチといったノイズを生じさせる原因にもなります。離形剤はレコードに針を落として聴いている内に徐々に取れてノイズが収まる事もございますが、レコード専用の洗浄液等によるレコード盤のクリーニング後の試聴をお勧めいたします。
Q:オーダーフォームの提出方法は?
A:FAXまたはスキャンデータにてご提出をお願い致します。
Q:オーダフォームとは何ですか?どこにありますか?
A:ご注文内容の詳細、納品先情報等をご記入いただくものです。 HP内の「テンプレート」ページにアップロードされておりますので、ダウンロードの上ご記入をお願い致します。

ご質問・ご要望がございましたら、下記までお電話ください。

0120-330-203
*通話中は繋がらない場合がございます。恐れ入りますが、お時間改めておかけ直し下さい。

メールによるお問合せはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせタイトル

お問合せ内容

CDプレス、DVDプレスを国内最安値で提供中!